女子高生にフェラチオをさせて逮捕される事態を回避する

 魅力いっぱいのカリビアンコムで見た、車内フェラ動画に強く影響を受けていました。
見ているうちに、いつしか車の中で、しゃぶって欲しい。
女の子にペロペロ、舐めまくって欲しい。
吸茎を車の中でしてもらったら、通常とは違う興奮が得られる。
そんな妄想に支配されてしまった時、見つけたのがツイッターの裏垢女子。
車内フェラ希望の女子高生とやりとりに成功。
初回だけ援交のように支払いをして、それ以降は無料で抜きまくっていただくという条件で、ギフト券を先払いしました。
でも、連絡が全く来なくなってしまいました。
いくらこちらから連絡しても、完全にスルーされているのか、返事が届きませんでした。
ヒラリーマンが頑張って稼いだ、2万円がぱぁ。
心も懐も、大いに傷んだ状態です。

 

 同僚たちとも飲みに行くのですが、1人飲みをする機会もあります。
自宅付近の小さな居酒屋が、僕の行きつけのお店です。
足しげく通っていれば、飲み友達もできる。
川尻さんは、年上の30歳のサラリーマン。
彼とはウマが合い、飲みながらいろいろな話をする関係です。
「先払いしたら、ずっと無料で抜いてくれるって女の子に、ギフト券渡したら…」
ふむふむと頷きながら川尻さんは言い出しました。
「最近流行中の、ギフト券詐欺だよ」
バッサリ斬り捨てられてしまったのでした。
「岡田くん、ネットには詐欺とか援デリとか、美人局というのもいるから、出会いにはくれぐれも注意しなければならないよ」
さらに「それ本物の女子高生だったら、もしかしたら逮捕されてしまって危険だって」と言われ、恐怖心を感じてしまいました。
18歳以上になってなければ、性的行為は禁忌。
職を失ったサラリーマンが、どれだけいるのかと語られて、怖さと共に面目丸潰れの状態に。
「今回は、詐欺で助かったと、そう思ったほうがいいね」
女子高生にフェラチオをさせて逮捕される事態を回避できたと言われたものの、もちろん納得はできない。
ヒラリーマンが一生懸命稼いだ2万円が、消えてしまったのですから。

 

 酔っぱらった勢いもあったのか、川尻さんにネット上での出会いについて聞いてみました。
「セフレが欲しいなら、無料のところは利用しないほうがいい」と、話し出したのです。
「セフレの作り方として、利用すべきは出会い系サイトなんだよ。低価格で利用できる」
「もしかして、出会い系のユーザーですか?」
「ああ、美味しい思いをさせてもらってるよ」
猛烈に、川尻さんのセフレ攻略方法が知りたくなっていきました。
「まあ焦らずに、一杯飲んでから、ほら、話してやるから」
川尻さんはニンマリと笑っていました。

page top